ニュース
» 2019年08月19日 07時00分 公開

FAニュース:出光興産、プラント生産システムの通信方式に「OPC UA」を全面採用

出光興産は2019年8月13日、複数の製油所や事業所で構成される大規模生産システムの主要通信方式として「OPC UA」を採用したことを発表した。製油所の情報セキュリティ強化を目的とし、OPC UAを用いた次世代データ通信システムを構築する。

[MONOist]

 出光興産は2019年8月13日、複数の製油所や事業所で構成される大規模生産システムの主要通信方式として「OPC UA」を採用したことを発表した。製油所の情報セキュリティ強化を目的とし、OPC UAを用いた次世代データ通信システムを構築する。

 製造業におけるIoT(モノのインターネット)活用が広がりを見せる中、社会インフラを狙ったサイバー攻撃の脅威も高まっている(※)

(※)関連記事:なぜ今、制御システムセキュリティがアツいのか?

 こうしたサイバー攻撃から製油所を守り、国内のエネルギーセキュリティを強化することを目的に、出光興産では北海道製油所、千葉事業所、愛知製油所、徳山事業所の4事業所のヒストリカルデータベース(製油所の装置や制御システムの稼働率や温度、圧力などの情報を収納したデータベース)のほぼ全ての通信方式をOPC UAを用いるシステムに更新した。

 OPC UAは、産業用アプリケーションの相互運用を実現するオープンなインタフェース仕様である。さまざまな環境におけるデータの相互運用性を確保できることが特徴だ。工場内にあるデバイスや生産制御用の機械、監視用のHMIなどが、OPC UAを組み込むことで自由で簡単にデータ交換ができるようになる。ドイツのモノづくり革新プロジェクトである「インダストリー4.0」の推奨通信規格とされたことから、大きな注目を集めるようになった(※)

(※)関連記事:「OPC UA」とは何か

 出光興産ではOPC UAへの更新により「製造現場の制御システムとITシステム間のインタフェースを統一し、高度な生産体制を構築できるだけではなく、従来の通信方式と比較し、外部からの不正アクセスによる悪質な攻撃の危険性を大幅に低減できる」とコメントしている。

 出光興産では以前から、IoT技術を活用した製油所の競争力強化を推進している。業界に先駆け製油所のリアルタイム操業マネジメントシステム「XHQ(neXt generation HeadQuarter)」を2008年に導入。2019年にはAI(人工知能)を活用した配管腐食システムの実証実験にも参加しており、今後も引き続き先進技術を活用した製油所の高度化に取り組む方針を示している。

photo 従来のシステムとOPC UAを採用したシステムの違い(クリックで拡大)出典:出光興産

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.