特集
» 2019年08月26日 06時00分 公開

自動運転技術:2025年に“日の丸”自動航行船が船出するために必要なこと (1/5)

「船の自動運転」と聞いて何を想像するだろうか。クルマの自動運転よりも簡単とは言いきれない。目視による見張り、経験と勘に基づく離着岸時の操作……これらをどう自動化するか。自動航行船の実現に向けた開発動向を紹介する。

[長浜和也,MONOist]

日本の海事産業を救う自動運航船プロジェクト

最新鋭大型客船に導入したIBS(Integrated Bridge System:統合化ブリッジシステム)。ここからさらに進化した自動航行船を2025年に実用化するプロジェクトが日本で進んでいる(クリックして拡大)

 自動車に比べると少ないが、それでも最近、船舶事故が報道される機会が増えている。記憶に新しいのは、商船三井客船に所属する「にっぽん丸」が2018年末にグアム港で起こした離岸中における接触事故だろう。それ以外にも「砂浜に乗り上げた」「岩場に乗り上げた」「岸壁に衝突した」という事故は、広く知られていないだけで日本だけで毎年500件前後発生している(運輸安全委員会「船舶事故の統計」より)。【訂正あり】

 船舶の場合、その船体の大きさ、そして、積載している貨物や燃料の量が多大なことから、事故が発生した場合の港湾施設、航路、そして、環境に与える影響は深刻になる。また、船員の高齢化も進んでおり、全国内航タンカー海運組合の2017年調査では平均年齢は下がっているが、年齢構成別で多いのは60〜66歳、次いで55〜60歳となっている。さらに人員不足による船員の疲弊も影響し、「当直中(※)に居眠りして」という事例も発生している。

(※)船橋にあって航行指揮を執る状態。航海士が交代で担当する。

全国内航タンカー海運組合が調査した内航タンカーに勤務する船員の年齢別構成分布(クリックして拡大)
運輸安全委員会「船舶事故の統計」より船舶事故件数割合。衝突と乗り揚げを防ぐだけで6割削減できる

 このような状況から、船舶航行における安全性の向上と省力化を図るため、国土交通省主導で自動航行船プロジェクトを進めている。2017年に閣議決定されたロードマップでは2025年の実用化を目指している。現在、自動航行船プロジェクトは「自動操船機能」「遠隔操船機能」「自動離着桟機能」のそれぞれで、2018年7月に複数の企業が実施者として指定を受けて、実証事業を進めている段階だ。

自動運航船プロジェクトは「海事産業の生産性革命」を推進する取り組みの一環として進められている(クリックして拡大) 出典:国土交通省
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.