ニュース
» 2019年08月29日 10時00分 公開

ロボット開発ニュース:人とロボットが共感できる対話エンジン「ロボット言語」の開発で提携

ユカイ工学とシーマン人工知能研究所は、対話エンジン「ロボット言語」の共同開発に向け、業務提携した。従来型の一方向会話ではなく、ユーザーがロボットとの生活を通じてロボットの意図を理解していく、双方向の「共感」体験を目指す。

[MONOist]
photo 「ロボット言語」のイメージ(クリックで拡大) 出典:ユカイ工学

 ユカイ工学とシーマン人工知能研究所は2019年7月30日、対話エンジン「ロボット言語」の共同開発に向けた業務提携を発表した。協働業務の1つとして、ユカイ工学が開発している次世代版コミュニケーションロボット「BOCCO emo」に搭載する、対話エンジン「ロボット言語」を共同開発する。

 両社が目指すのは、従来のスマートスピーカーのように一問一答を基本とする一方向の会話ではなく、ユーザーがロボットとの生活を通じてロボットの意図を理解していく、双方向の「共感」体験だ。

 シーマン人工知能研究所が有するエンターテインメント性の高い会話開発のノウハウと、ユカイ工学が注力しているロボットの感情表現をBOCCO emoに生かし、会話学習と情緒教育を両立する、新しい同居型体験ロボットを開発する。BOCCO emoへのロボット言語の搭載開始は、2020年を予定している。

 2つ目の業務として、2020年にリリースを予定する、シーマン人工知能研究所の「日本語会話生成エンジン」を、ユカイ工学が代理店として販売する事業が計画されている。同研究所の会話エンジンをロボット以外のさまざまな機器にもライセンス提供し、ユカイ工学の販売網を活用して展開していく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.