特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2019年08月29日 08時00分 公開

製造業IoT:HD-PLC改めIoT PLCは住空間のCANを目指す、パナソニックが普及に本腰 (2/2)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

IoT PLCの普及では「VHSやSDメモリカードで培ったDNAが役立つ」

 HD-PLC改めIoT PLCは大まかに分けて3つの特徴がある。1つ目は、既設の電力供給に用いているメタル線をイーサネットケーブル同様に使えることによる「導入コスト削減」だ。2つ目は「通信の確実性」で、当初のPLCで課題になっていたタコ足配線にも対応できるマルチホップ技術を採用しており、最大1000ノード、最長約2kmの通信接続が可能だ。そして3つ目は、サイバーセキュリティを含めた「高い安全性」になる。

IoT PLCの3つの特徴 IoT PLCの3つの特徴(クリックで拡大) 出典:パナソニック

 くらしネットワークの中核にあるのはWi-Fiなどの無線通信だが、住空間の中では遮蔽(しゃへい)に弱いこともあって、通信が届かないデッドゾーンが生まれてしまう可能性がある。そこで、あらかじめ敷設されている電力線を活用できるIoT PLCを組み合わせることにより、くらしネットワークを最適化できるという寸法だ。

くらしネットワークを最適化できる住空間内の全ての領域で確実な通信が可能に Wi-Fiなどの無線通信とIoT PLCの組み合わせでくらしネットワークを最適化できる(左)。Wi-Fiだけの環境と比べて、住空間内の全ての領域で確実な通信が可能になる(右)(クリックで拡大) 出典:パナソニック

 くらしネットワークの最適化に向けてIoT PLCの普及を目指すには幾つかの課題がある。まず、国際標準化については、2019年3月のIEEE 1901aとして承認されることでクリアした。

IEEE 1901aとしての国際標準化IEEE 1901aとしての国際標準化 IoT PLCはIEEE 1901aとしての国際標準化を完了している(クリックで拡大) 出典:パナソニック

 次に、法制度整備については、国内で2018年度から導入された新技術実証(RS:Regulatory Sandbox)制度を活用することで、IoT PLCの機器組み込みを可能とする道が開けつつある。2018年12月にRS制度の第1号認定を受けた後、2019年4〜6月にかけて実住宅内で6機種の製品にIoT PLCモジュールを組み込んでの評価を実施し、パナソニック以外の電気用品140機種で誤動作が起きないことを確認した。実験結果は既に内閣官房に提出しており、今後は電気用品調査員会 電波雑音部会でルール化に向けた審議が行われることになる。

RS制度を活用した国内の法制度整備RS制度を活用した国内の法制度整備 IoT PLCの機器組み込みを可能にするため、RS制度を活用した国内の法制度整備を進めている(クリックで拡大) 出典:パナソニック

 現在、国内で市販されているPLC製品はPLCアダプターだが、これを使う場合、機器への電力供給と通信の両方を1本の線で行えるというIoT PLCのメリットは得られない。IoT PLCの採用を広げるためには、機器組み込みに関する法制度整備が必須だったが「今回のRS制度の活用によってめどが立った」(荒巻氏)。また、海外については、米国や欧州、中国は既に機器組み込みが可能な状況だという。

IoT PLCを用いたくらしネットワークの目指す姿 IoT PLCを用いたくらしネットワークの目指す姿。家電機器の電源をコンセントにつなげたら、ユーザーはネットワーク接続のことを意識することなく、パナソニックのクラウドサービス「Panasonic Digital Platform(PDP)」のサービスを利用できるようになる(クリックで拡大) 出典:パナソニック

 そして、IoT PLCの市場拡大に向けては、パートナー連携を強化して行く方針だ。HD-PLCアライアンスで16社、IoT PLCのIPをライセンスしている半導体メーカーが7社、実証実験などで連携している企業が100社以上、国際標準化で連携している企業が5社ある。今後は、この社数をさらに増やして行く考えだ。馬場氏は「規格の普及という観点では、VHSやSDメモリカードなどの普及で培ったDNAがパナソニックにはある。これまで1つの事業部内で手掛けていたIoT PLCが、全社横断組織のBI本部の管轄になったのは、規格普及に向けて本腰を入れることを決めたということだ」と説明する。

パートナー連携のイメージパナソニックが提供するプラットフォーム パートナー連携のイメージ(左)と、パナソニックが提供するプラットフォームとのバリューチェーン(右)(クリックで拡大) 出典:パナソニック

 なお、HomeXに関するさまざまな実証実験を行っている米国シリコンバレーの「β House」でも、2019年6月末からIoT PLCを機器に組み込むことによる価値を確かめるための取り組みを始めている。「β House内の通信はWi-Fiでつなげており、そこからIoT PLCを機器に組み込むことによってどのような価値が得られるかを確認している。B2B向けとなる施工業者にとっての価値、B2C向けとなる一般ユーザーにとっての価値、両方でだ」(馬場氏)としている。

IoT PLCを用いた通信のデモIoT PLCを用いた通信のデモ 会見ではIoT PLCを用いた通信のデモも披露した。PCに接続したマスターとなるPLCアダプターと、電子レンジ、テレビ、冷蔵庫の温度センサーや、監視カメラと接続したスレーブとなる4つのPLCアダプター(左)を介して、温度センサーデータやカメラの映像をPC画面に表示している(右)(クリックで拡大)
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.