ニュース
» 2019年08月30日 12時00分 公開

FAメルマガ 編集後記:スマート工場を席巻し始めた「OPC UA」は何がすごいのか

工場単位での採用が相次いでいます。

[三島一孝,MONOist]

 この記事は、2019年8月30日発行の「FA メールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。

スマート工場を席巻し始めた「OPC UA」は何がすごいのか

 スマート工場化への取り組みが具体化する中で、工場レベルで通信規格「OPC UA」の採用を表明する企業が増え始めています。2019年8月13日には出光興産が複数の製油所や事業所で構成される大規模生産システムの主要通信方式として「OPC UA」の採用を表明しました。さらに同年8月23日にはドイツのVolkswagen(VW)が、グローバル22の工場とその中で使われているロボットや製造装置群をつなぐのに「OPC UA」を採用すると発表しています(※)

(※)関連記事:出光興産、プラント生産システムの通信方式に「OPC UA」を全面採用
(※)関連記事:VWはグローバルの全工場とロボットをネットワーク化、「OPC UA」で2022年から

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.