まとめ
» 2019年09月02日 12時00分 公開

電子ブックレット(メカ設計):ニコンが本気で作った金属3Dプリンタ

MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、ニコンが満を持して市場投入した注目の光加工機「Lasermeister 100A」を取り上げた特集記事「ニコンが本気で作った金属3Dプリンタ」をお送りします。

[MONOist]

MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、ニコンが満を持して市場投入した注目の光加工機「Lasermeister 100A」を取り上げた特集記事「ニコンが本気で作った金属3Dプリンタ」をお送りします。

ニコンが本気で作った金属3Dプリンタ

 現在、市場にある金属3Dプリンタは億単位のものも珍しくなく、導入のハードルは高い。そんな現状を打破し、誰でも手軽に導入できる金属3Dプリンタをニコンが開発した。

 本ブックレットでは、光学技術に強みを持つニコンが本気で作った光加工機「Lasermeister 100A」を取り上げる。


  • 主な内容
    • ニコン“初”となる光加工機「Lasermeister 100A」はこうして生まれた
    • 光学メーカーだからこそ実現できたコンパクト設計と低価格化
    • 「Lasermeister 100A」の実現を支えた2つの技術開発
    • 半導体製造装置の開発で当たり前のようにやってきたことが差別化に
    • “誰でも”“手軽に”を可能にする金属3Dプリンタ
    • “段取りレス”で多様な金属加工を実現
    • 強みを発揮できる領域を見極めつつ、さらなる発展を目指す

・ブックレットは無料でお読みいただけますが、TechFactoryの利用登録および、メールマガジンの購読が必要です。
・電子ブックレットはPDFファイルで作成されています。
・電子ブックレット内の記事は、基本的に記事掲載時点の情報で記述されています。そのため一部時制や固有名詞などが現状にそぐわない可能性がございますので、ご了承ください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.