ニュース
» 2019年09月03日 08時00分 公開

組み込み開発ニュース:IoTセンサー「Degu」のエントリーユーザー向けパッケージを発売

アットマークテクノらは、「Degu」のエントリーユーザー向けパッケージ「Degu IoTエントリーパック」を発売した。Deguセンサーを使ったセンシングからパブリッククラウドへのデータ連携まで、低コストで始められる。

[MONOist]

 アットマークテクノ、コアスタッフ、Seeedは2019年8月23日、IoT(モノのインターネット)センサー技術「Degu(デグー)」のエントリーユーザー向けパッケージ「Degu IoTエントリーパック」を発売した。Deguセンサーを使ったセンシングからパブリッククラウドへのデータ連携まで、従来よりも低コストで始められる。

photo 「Degu」エントリーユーザー向け「Degu IoTエントリーパック」 出典:アットマークテクノ

 Degu IoTエントリーパックは、「Deguベースボード(Seeed製)」「Deguゲートウェイ A6(アットマークテクノ製)」「Groveスターターキット for Degu(Seeed製)」の3つを含む。Groveスターターキットには、照度センサー、温湿度センサー、3軸加速度センサー、接点入力など6種類のGroveモジュールなどが同梱されている。エントリーパックを利用することで、センシングからパブリッククラウドへのデータ連携まで、一連の流れを構築できる。

 Deguは2019年3月に発足し、モノの情報のスムーズな収集からIoTシステムの構築までを提供するオープンソースプロジェクト。センシング機能と通信機能を搭載したIoTセンサー「Deguセンサー」を利用してデータを収集し、パブリッククラウド上のIoTハブへ容易にアップロードできる。Deguセンサーは、専用のキットを使って容易に作ることが可能だ。

photo オープンソースプロジェクト「Degu」の仕組み(クリックで拡大) 出典:アットマークテクノ

 価格は4万1500円(税別)。コアスタッフのオンラインストアで販売するほか、アットマークテクノおよびSeeedの販売代理店でも順次取り扱いを開始する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.