特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2019年09月05日 06時30分 公開

組み込み開発ニュース:ラズパイとコンテナを使ったOTAが容易に、GitHubがCI/CD機能を提供

ギットハブ・ジャパンは、米国本社のGitHubが2019年8月8日にβ版を発表した新機能「GitHub Actions」について説明。最大の特徴は、CI/CD機能の搭載で、Linux、macOS、Windowsなど任意のプラットフォーム上での開発からテスト、デプロイまでのプロセスを容易に自動化できるとしている。

[朴尚洙,MONOist]

 ギットハブ・ジャパンは2019年9月4日、東京都内で会見を開き、米国本社のGitHubが同年8月8日にβ版を発表した新機能「GitHub Actions」について説明した。最大の特徴は、CI/CD(Continuous Integration/Continuous Delivery:継続的インティグレーション/継続的デリバリー)機能の搭載で、Linux、macOS、Windowsなど任意のプラットフォーム上での開発からテスト、デプロイまでのプロセスを容易に自動化できるとしている。既にβ版トライアルのユーザー登録募集をWebサイトで行っており、2019年11月13日には正式バージョンをリリースする予定だ。

ギットハブ・ジャパンの池田尚史氏 ギットハブ・ジャパンの池田尚史氏

 GitHub Actionsは2018年に1度β版をリリースした新機能であり、その際にはCI/CD機能は搭載していなかった。ギットハブ・ジャパン ソリューションエンジニアの池田尚史氏は「もともとは、ソフトウェア開発を行う際に付帯的に発生していた設定やコンフィギュレーションなどの作業を含めたワークフローの自動化に焦点を当てて開発していた。しかし、数万人単位のβユーザーからのフィードバックで最も求められていたのはCI/CD機能だった。そこで、今回発表したGitHub Actionsでは、あらためてのβ版にはなるものの、CI/CD機能を搭載することとした」と語る。

 新たなGitHub Actionsは、GitHubに完全統合(ユーザーインタフェースだけでなくAPIレベルでも)するとともに、あらゆるイベントにフックさせることで全てのワークフローを自動化することができる。YAML形式で記述することになるワークフローは、ソースコードと同様にGitHub上のコミュニティーでオープンソースコンテンツとして共有できる。「GitHubとしては、ソースコードだけでなく、開発のプロセスに当たるワークフローもオープンソース化することで、よりよいソフトウェア開発環境の構築に貢献することを目指している」(池田氏)という。

「GitHub Actions」の特徴 「GitHub Actions」の特徴(クリックで拡大) 出典:ギットハブ・ジャパン

 また、2019年末までには、クラウド上のGitHub Actionsと連携して、CI/CD機能をクライアントハードウェア上でも動作させられるエージェントソフトウェアの提供も予定している。対応OSは、Linux、macOS、Windowsで、「PCやサーバだけでなく、Raspberry PiのようなIoT機器の開発に用いられているハードウェアでも動作できるようにする」(池田氏)。GitHub ActionsとCI/CD機能、対応エージェントソフトを活用すれば、Raspberry PiにDockerをはじめとするコンテナベースのアプリケーションのデプロイを自動化できるので、OTA(Over the Air)のようなアプリケーション更新が可能になるわけだ。

 GitHub Actionsの使用料は、オープンソースコミュニティー向けのパブリックリポジトリであれば無料。企業向けなどのプライベートリポジトリも無償の使用時間が提供されており、追加購入分をシンプルな従量課金としている。また、クライアントハードウェア上でのCI/CD機能の実行は無料に設定している。

GitHub Actionsのプライベートリポジトリの料金 GitHub Actionsのプライベートリポジトリの無償使用時間枠と追加購入の料金(クリックで拡大) 出典:ギットハブ・ジャパン

 GitHub Actionsの先行ユーザーには、SAPやUBS、ダウ・ジョーンズ(Dow Jones)、フィリップス(Philips)などがある。また、サードパーティーのCI/CDツールとGitHub Actionsの連携も進めていく考えだ。池田氏は「GitHub ActionsのCI/CD機能はエンタープライズクラスの性能を目指して開発を進めているが、より大きなビジョンはワークフローのオープンソース化にある。より多くの人にGitHub Actionsを使ってもらえるようにしてこの目標に近づけられれば」と述べている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.