ニュース
» 2019年09月05日 09時00分 公開

製造マネジメントニュース:産業分野における5Gの最大ユースケースは4K/8K映像の伝送

IDC Japanは、5G(第5世代移動通信)の産業向け画像・映像IoT市場に関する分析結果を発表した。産業分野における5Gの最大のユースケースの1つが、4K/8Kなどの高精細画像・映像の伝送だという。

[MONOist]

 IDC Japanは2019年8月28日、5G(第5世代移動通信)の産業向け画像・映像IoT(モノのインターネット)市場に関する分析結果を発表した。同調査によると、産業分野における5Gの最大のユースケースの1つが、4K/8Kなどの高精細画像・映像の伝送だという。

 4G(LTE)からの最大の進歩の1つに、データアップリンク時(上り)の高速化が挙げられる。それを最も生かせる産業分野の用途が、高精度カメラやイメージセンサーで取得した画像・映像データのアップロードだ。

 具体的には、4K/8K高精細映像コンテンツのリアルタイム配信、機械学習による画像認識、3Dモデリングによる新たな価値提供などの各ユースケースで、5Gの活用が特に進むと同社は分析する。

 一方で、5G普及の課題となるのが、通信モジュールの低価格化や基地局の配備だ。これらの条件を整えるには、サービス開始から数年を要するとしている。さらに、企業などで5Gの需要を高めるためには、高解像度の画像・映像アプリケーションの利用拡大や、センサーから取得した画像データをAIで分析するなどの技術革新が必要になると見ている。

 5Gの導入が早期に進む条件としては、生産性を高めるための設備投資に積極的であること、画像・映像活用の取り組みが成熟していること、特定企業の管理責任下で変革に取り組めること、という3点を挙げる。例えば製造業では、イメージセンサーを活用した生産性向上や自動化に投資してきた分野の企業が、5GやAIなどを積極的に導入すると予測している。

photo カメラやイメージセンサー市場における5Gの活用 出典:IDC Japan

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.