ニュース
» 2019年09月06日 09時00分 公開

製造ITニュース:タブレットをかざすと設備状態を表示する、現場向けARソリューション

コネクシオは、シュナイダーエレクトリックの製造現場向けARソリューション「EcoStruxure Augmented Operator Advisor」と同社のIoTサービスを連携させた「Smart Ready IoT AR設備保全ソリューション」の提供を開始した。

[MONOist]

 コネクシオは2019年8月23日、シュナイダーエレクトリックの製造現場向けAR(拡張現実)ソリューション「EcoStruxure Augmented Operator Advisor」と同社のIoTサービスを連携させた「Smart Ready IoT AR設備保全ソリューション」の提供を開始した。

photo AR画面操作イメージ 出典:コネクシオ

 同ソリューションでは、作業員がダブレットを設備にかざすだけで、対象設備の状態やマニュアル、操作ガイドを画面に表示する。制御盤の開閉や、高所に上がらなくても設備の内部状態を確認できるため、安全かつ迅速に点検作業が行える。

 点検作業は操作ガイドを確認しながら進められ、熟練工でなくても確実に作業できる。熟練工の手本動作の動画を組み込み、その場で表示することも可能だ。

 他に、点検の作業時間や担当者を自動的にサーバに記録する機能、PLCデータソースやセンサー、アナログメーターなどのIoT(モノのインターネット)データとARサーバとの連携機能も提供。設備保全とIoTデータが連携することで、異常や故障の予兆判断を担当者に通知可能になる。

photo ソリューションの特徴 出典:コネクシオ

 同社が導入コンサルティングやコンテンツ開発、導入を支援する「標準プラン」と、ユーザー側が開発ツールを利用してARコンテンツを開発する「ライセンスプラン」の2種類のメニューを用意する。価格は個別見積もりとなる。

photo ソリューションの全体像 出典:コネクシオ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.