ニュース
» 2019年09月06日 15時00分 公開

医療機器ニュース:血管や神経を正確に把握できる8K手術用ビデオ顕微鏡システムを発売

エア・ウォーターとカイロスは、高精細な8K映像技術を応用した手術用ビデオ顕微鏡システム「Micro eight」を発売した。毛髪の直径の10分の1の大きさまで可視化でき、難易度の高い手術や治療の安全性を高められる。

[MONOist]

 エア・ウォーターとカイロスは2019年9月2日、高精細な8K映像技術を応用した手術用ビデオ顕微鏡システム「Micro eight(マイクロ エイト)」を発売した。形成外科、脳神経外科、心臓外科などに対応する医療機関を中心に販売し、3年間でレンタルを含めて100台の販売目標を掲げる。

 Micro eightは、高精細な8K映像技術により、毛髪の直径10分の1の大きさまで可視化。これにより、微小血管やリンパ管をつなぎ合わせるなど、難易度の高い手術や治療の安全性を高められる。術式により焦点距離の異なるレンズを使用することで、より高精細な画像で超微小外科手術(スーパーマイクロサージャリー)が可能となる。

 さらに、新開発の技術により、3D眼鏡を使用しなくても立体視ができる。軸を一定角度に傾斜させることで、高精細では浅くなりがちな焦点深度も深められた。8Kメインモニターには70インチと大型のものを使用。首や肩、腕への負担が少ない頭を上げた姿勢で、執刀医は手術できる。

 将来的に8K高精細顕微鏡技術は、手術以外にも病理検査や再生医学など幅広い応用が見込まれる。医療分野だけでなく、製品の品質検査や精密検査など産業分野への展開も視野に入れ、今後、事業展開を図るとしている。

photo 8K手術用ビデオ顕微鏡システム「Micro eight」(クリックで拡大) 出典:エア・ウォーター

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.