ニュース
» 2019年09月06日 13時00分 公開

人工知能ニュース:NNEF向けエコシステムの機能を拡張、TensorFlow LiteやONNXに対応

クロノス・グループは、業界標準の「NNEF」向けエコシステムの機能を拡張した。新しいコンバーターやエクステンション、一般公開されているNNEF Model Zooにより、経験を積んだニューラルネットワークを推論エンジンに提供できる。

[MONOist]

 クロノス・グループは2019年8月20日、ニューラルネットワーク変換フォーマットの業界標準である「NNEF(Neural Network Exchange Format)」向けエコシステムの機能拡張を発表した。新しいコンバーターやエクステンション、一般公開されているNNEF Model Zooにより、経験を積んだニューラルネットワークを推論エンジンに提供できる。

 NNEFは、互換性のない独自仕様の乱立を避けるために開発された。トレーニングフレームワークと推論エンジン間のニューラルネットワークを交換しやすくし、推論とトレーニングソリューションを自由に組み合わせられるようにしている

 新しく改善されたNNEFオープンソースコンバーターには、「TensorFlow Lite」「ONNX」が含まれ、NNEFを使って幅広いトレーニングフレームワークやトレーニング済みのフレームワークを実行する。NNEF Model ZooはGitHub経由でアクセス可能で、推論エンジンはNNEFモデルの信頼できるインポートをテストできる。

 オープンソースコンバーターツールのGitHubライブラリを統合し、共通のインタフェースとコードベースによってメンテナンスが容易となった。さらに、NNEFとTensorFlow、Caffe/Caffe2、ONNX間の双方向変換も可能になっている。

 他に、TensorFlow Liteへのエクスポーターや、オープンソースの構文パーサー/バリデータも用意する。

 NNEFの操作リストも更新され、サイン/コサインや縮小、パッド/タイル操作が追加された。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.