ニュース
» 2019年09月09日 13時00分 公開

3Dプリンタニュース:製造プロセスで3Dプリンタを活用する支援サービスを開始

Booleanは、製造業において、3Dプリンタを製造プロセスで活用するための支援サービスを開始すると発表した。まずは切削加工会社向けに治具調達プロセスへの適用から始め、日本の製造業のDfAM導入を促進する。

[MONOist]

 Booleanは2019年9月1日、製造業向けに、3Dプリンタを製造プロセスで活用するための支援サービスを開始した。製造業の中でも、まずは切削加工会社向けにサービスを提供する。

photo 製造プロセスに3Dプリンタを活用(クリックで拡大) 出典:Boolean

 切削加工会社にとって、治具を調達する際のリードタイムや外注コストは大きな課題となっている。3Dプリンタを使って社内で治具を造形できれば、迅速かつ安価に高精度の治具が調達でき、製造プロセス全体の効率化も図れる。

 3Dプリンタで制作した治具は、アルミニウムなどの金属と同程度の強度を持ち、ハニカム構造や金属を取り入れた造形、100ミクロンレベルでの造形が可能だ。素材は、重量や耐熱性、耐摩耗性、柔軟性などを考慮して複数から選択できる。

photo 3Dプリンタ導入で競争力を強化(クリックで拡大) 出典:Boolean

 3Dプリンタを工作機械として活用する動きは、欧州を中心に広がりつつある。一方、日本では、プリンタの選定やセットアップ、3DCADソフト、スライサー(専用ソフトウェア)の利用などが障壁となり、3Dプリンタの活用が出遅れている。

 同社は、同サービスの提供により、製造業において3Dプリンタの活用が定着するよう支援する。さらには、3Dプリンタを製造プロセスに組み込む環境を構築し、日本の製造業の国際競争力向上に向けて、DfAM(Design for Additive Manufacturing)導入を促進していく。

photo 3Dプリンタで制作可能な治具(クリックで拡大) 出典:Boolean

関連キーワード

3Dプリンタ | 製造業


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.