ニュース
» 2019年09月09日 08時30分 公開

電気自動車:VWが「タイプ1」をEV化するサービスを開始、部品は「e-up!」ベース

Volkswagen(VW)グループのサプライヤーであるVolkswagen Group Componentsは2019年9月5日、「タイプ1」(通称ビートル)を電気自動車(EV)に改造するサービスを開始すると発表した。

[齊藤由希,MONOist]
「ビートル」をEV化するサービスを始める。量産部品をベースにしている(クリックして拡大) 出典:VW

 Volkswagen(VW)グループのサプライヤーであるVolkswagen Group Componentsは2019年9月5日、「タイプ1」(通称ビートル)を電気自動車(EV)に改造するサービスを開始すると発表した。駆動系部品やバッテリーはVWのEV「e-up!」をベースにしており、部品はVolkswagen Group Componentsが生産する。改造はVolkswagen Group Componentsのサポートの下、ドイツ・レニンゲンのパートナー企業eClassicsが行う。

 将来的にはPorsche(ポルシェ)「356」などグループ内のブランドのクラシックカーもEV化の対象となる可能性があるとしている。また、e-up!ベースの部品だけでなく、VWグループの最新のEV向けプラットフォームであるMEBを同サービスに採用することも検討しているという。

「ビートル」のEV化のイメージ(クリックして拡大) 出典:VW
e-up!の部品をベースにEV化する(クリックして拡大) 出典:VW

 ビートルのEV化に使用する部品は、Volkswagen Group Componentsがドイツのカッセル工場で生産する電動ドライブ、ギアボックスと、ブランズウィック工場で生産するリチウムイオンバッテリーシステムだ。EV化したビートルは、出力60kWを発揮する。バッテリーシステムは14個のモジュールで構成されており、アンダーボディーに組み込む。バッテリー容量は最大36.8kWh。電動化によるパワーアップと重量増に合わせて、シャシーやブレーキも強化する。総重量は1280kgとなる。最高速度は時速150kmで、走行距離は200kmだとしている。1時間の充電で150kmの走行が可能だ。

 VWは「フランクフルトモーターショー2019(IAA 2019)」(2019年9月12〜22日)において、この“e-Beetle”の量産仕様を披露する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.