ニュース
» 2019年09月10日 08時00分 公開

組み込み開発ニュース:AI搭載IoT統合エッジウェアの新バージョンを提供開始

アステリアは、AI搭載のIoT統合エッジウェアの新バージョン「Gravio 3」の提供を開始した。「Intel OpenVINO」ツールキットを活用した顔認証・物体認識AIを追加。エッジコンピューティングにより、高度な顔認証を可能にした。

[MONOist]

 アステリアは2019年8月23日、AI(人工知能)搭載のIoT(モノのインターネット)統合エッジウェアの新バージョン「Gravio 3(グラヴィオ3)」の提供を開始した。対応カメラや学習済みAIモデルの違いで6種類を用意。価格は、無償貸し出しのセンサー4個付きのBasicが月額500円、同20個付きのStandardが月額2万円となる。

photo 「顔認証・物体認識AI」を搭載 出典:アステリア

 新バージョンでは、対応制御機器を拡充し、自社版とサードパーティー版を追加した。独自開発のブロックチェーンでセキュリティを強化した他、管理ダッシュボード「Gravio Coordinator」による管理機能も向上している。また、「Intel OpenVINO」ツールキットを活用した顔認証・物体認識AIを追加。エッジコンピューティングにより、高度な顔認証を可能にした。

 併せて、Gravioを内蔵したゲートウェイ「Gravio Hub」を自社開発し、提供を開始。インストールが不要で、PCなどがなくても約10cm四方のデバイスを置くだけで、Gravioが稼働する。

photo Gravio内蔵ゲートウェイ「Gravio Hub」 出典:アステリア

 Gravioは、現在までに400ユーザーを獲得しているが、2020年3月末には1000ユーザーの利用を目指すとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.