ニュース
» 2019年09月11日 08時00分 公開

車載ソフトウェア:車載Linuxの最新バージョン「UCB8.0」を発表、新たなWGも発足

Automotive Grade Linuxは、新たなワーキンググループ「AGL Instrument Clusterエキスパートグループ」と、AGLプラットフォームの最新版となる「Unified Code Base8.0」を発表した。

[MONOist]

 Linux Foundationは2019年8月22日、Automotive Grade Linux(AGL)が新たなワーキンググループ「AGL Instrument Clusterエキスパートグループ」と、AGLプラットフォームの最新版となる「Unified Code Base(UCB)8.0」を発表した。

 AGLは、車載用Linuxのオープンソースソフトウェア(OSS)開発プロジェクト。自動車メーカーやサプライヤー、技術系企業などがメンバーとして参加し、トヨタ自動車など主要自動車メーカーがAGLを採用している。

 今回、新たに立ち上げられたAGL Instrument Clusterエキスパートグループでは、AGLのフットプリントを削減し、低パフォーマンスのプロセッサや低コスト車両での用途が拡大するよう、プラットフォームを最適化する。また、同グループは、設計仕様を2019年内にリリースし、2020年初頭には最初のコードリリースを目指す。

 最新プラットフォームのUCB8.0には、OS、ミドルウェア、アプリケーションフレームワークが含まれる。UCB8.0の主な機能として、テレマティクス、インストルメントクラスター向けのデバイスプロファイル、テレマティクスプロファイルとデモ、Web App Manager(WAM)機能拡張、Yocto version 2.6 へのアップグレードなどが搭載されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.