連載
» 2019年09月24日 10時00分 公開

いまさら聞けないCIP入門(中編):CIPではどのようにして長期サポートを実現するのか (2/4)

[工藤雅司(サイバートラスト),MONOist]

2.CIP SLTSカーネル開発・保守

 CIPカーネルチームは、CIP SLTSカーネルツリーを管理するメンテナーと、開発者で構成されています(図4)。メンテナーにはコミュニティーで広く活躍する岩松信洋氏とPavel Machek氏がアサインされています。

図4 図4 CIPカーネルチームの活動(クリックで拡大) 出典:Open Source Summit Europe 2018での小林良岳氏、Urs Gleim氏講演「Two Years Experience of Industrial-grade Open Source Base Layer Development and its Future」に基づき作成

 CIPカーネル開発者はCIPメンバー企業から参加しています。新規機能はメインラインに、バグフィックスなどはメインラインおよびLTSにそれぞれ貢献します。また、新規機能をCIP SLTSカーネルに反映するためにバックポートを行います。

 LTSにはセキュリティフィックスも順次取り込まれていきます。CIP SLTSカーネルは、最新のLTSを取り込んでリリースされます。リリース後既に3年が経過したCIP SLTS4.4は月1回、2019年1月にリリースされたCIP SLTS4.19は月2回のペースでマイナーリリースが行われています(図5)。

図5 図5 Linuxカーネルツリー(クリックで拡大) 出典:Open Source Summit Europe 2018での小林良岳氏、Urs Gleim氏講演「Two Years Experience of Industrial-grade Open Source Base Layer Development and its Future」に基づき作成

 現状は、CIP SLTSカーネルがベースとするLTSはまだ存続していますが、これらのサポートが終了した後は、CIPカーネルメンテナーが中心となってサポートを継続していきます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.