ニュース
» 2019年09月24日 07時00分 公開

FAニュース:振動抑制機能で精密かつ安定した成形が可能な全電動小型射出成形機

住友重機械工業は、全電動小型射出成形機「SE30EV-A」を発売した。高機能タッチパネルコントローラーや振動を抑制する機能「S-MOVE」などにより、精密で安定した成形が可能となり、生産性向上に寄与する。

[MONOist]

 住友重機械工業は2019年9月4日、全電動小型射出成形機「SE30EV-A」と、SE30EV-Aのレンズ専用機およびコネクター専用機の販売開始を発表した。

 SE30EV-Aは、立ち上げが早く、成形の安定性、精密性を誇る同社の小型射出成形機「SEEV-A」シリーズの新機種となる。SE30EV-Aのタッチパネルコントローラーは視認性が高く、パネルに触れた時の軽さ、タブ機能による入力のしやすさなど機能が向上している。他に、波形表示や品質管理などの機能も備える。

 また、SE30EV-Aは、SEEV-Aシリーズが持つ、振動抑制機能「S-MOVE」や高評価のダイレクトドライブシステムを継承。高精度で応答性能に優れたスクリュ制御が可能であるため、精密かつ安定した成形で生産性向上に寄与する。

 さらに、金型保護機能の監視精度が向上し、金型周辺の清浄性を保つブッシュレスタイバーやタイバーメッキなど、管理と環境への負荷を最小限にする機能が強化されている。

photo 全電動小型射出成形機「SE30EV-A」 出典:住友重機械工業

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.