ニュース
» 2019年09月24日 08時00分 公開

組み込み開発ニュース:テロ対策にも有効、ミリ波レーダーを利用した電波イメージング技術

東芝は、ミリ波レーダーを利用して衣類に隠れた危険物を高精細に可視化できる、電波イメージング技術を開発した。立ち止まることなくウォークスルー方式による検査が可能で、利便性を損なわずに公共スペースの警備システムが構築できる。

[MONOist]

 東芝は2019年9月5日、ミリ波レーダーを利用して衣類に隠れた危険物を高精細に可視化できる、電波イメージング技術を発表した。

photo 新方式による検査効率化のイメージ 出典:東芝

 開発時に東芝が着目したのは、高性能化、低コスト化が進む車載用ミリ波レーダーだ。ミリ波は、衣服は透過するが、金属は反射し、爆薬などの粉体は吸収する性質を持つ。この性質を利用し、面状に配置したアンテナがミリ波レーダーによる反射信号を捉えて高精細なイメージング画像を生成する。

photo 開発した技術の測定イメージ 出典:東芝

 同社は、間隔の異なる2種類のアンテナを面状に設置して、得られた2種類のイメージング結果を合成することにより、対象物以外の余分な像を打ち消した高精細な画像を生成することに成功した。これまで、高精細な画像を得るには、2mmほどの半波長間隔でミリ波を照射する必要があり、アンテナ設置数やデータ量が膨大になっていた。この方法では、半波長間隔測定の約15%の測定数で高精細画像が得られる上、アンテナ数やデータ量が減り、導入コストを抑えられる。

photo 2種類のアンテナデータの合成結果 出典:東芝

 同技術は、衣服に隠した危険物を検知できるだけでなく、立ち止まらずに、ウォークスルー方式で検査可能なため、人件費や設備費を抑えつつ、利便性を損なわずに公共スペースの警備システムが構築できる。

 同技術の実証実験を実施したところ、衣服に隠れたモデルガンを高精細に可視化できた。同社は今後も研究開発を続け、2020年以降に、鉄道会社やアミューズメントパークと連携した実証実験を目指す。

photo 実証実験の結果 出典:東芝

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.