CEATEC 2019 特集
ニュース
» 2019年09月24日 06時00分 公開

自動運転技術:ハンドルなし自動運転バスで公道実証、一般車両に混じって走行

ソフトバンク子会社のSBドライブは2019年9月20日、「CEATEC 2019」(2019年10月15〜18日、幕張メッセ)において、CEATEC実施協議会が実施する自動運転バスの実証実験に協力すると発表した。

[齊藤由希,MONOist]

 ソフトバンク子会社のSBドライブは2019年9月20日、「CEATEC 2019」(2019年10月15〜18日、幕張メッセ)において、CEATEC実施協議会が実施する自動運転バスの実証実験に協力すると発表した。走行ルート上の信号7基から情報を取得し、通過時の信号の色を予測する事で、急制動なしに走行できるようにする。

実証実験で使用する車両(左)。幕張メッセ周辺を1周する走行ルートだ(右)(クリックして拡大) 出典:SBドライブ

 実証実験で使用するのは、Navya製のステアリングがないバスだ。幕張メッセ周辺を1周する1.5kmのルートを走行する。SBドライブは2019年6月に同バスのナンバーを取得しており、一般車両の進入を制限する事なく公道を走行できる。

 バスはSBドライブの自律走行車両運行プラットフォームを使用し、遠隔地から運行ダイヤに基づく走行を車両に指示する。走行中は運転手と同情して運転手を補助する保安要員をSBドライブの社員が務め、緊急時は手動運転に切り替える。SBドライブはこの実証実験において、道路のデータ収集やルート設定など技術面における走行準備なども行う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.