ニュース
» 2019年09月25日 09時00分 公開

製造マネジメントニュース:AIやIoTを活用したスマート工場向けのサービスを提供

マクニカは、シーメンスの「MindSphereパートナープログラム」にゴールドパートナーとして参加し、AIやIoTを活用したスマートファクトリーの実現を支援する新サービスの提供を開始する。

[MONOist]

 マクニカは2019年9月10日、シーメンスの「MindSphereパートナープログラム」にゴールドパートナーとして参加し、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)を活用したスマートファクトリー実現を支援する新サービスの提供を開始した。

photo 新しいスマートファクトリーサービスのイメージ(クリックで拡大) 出典:マクニカ

 マクニカは同パートナープログラムに参加することで、シーメンスのオープンIoTオペレーティングシステム「MindSphere」を自社のサービスに組み込み、クラウドでのサービス提供が可能になった。今後は、スマートファクトリーを目指す製造業を対象に、MindSphereやGateway製品を提供する。これらに加え、同社が製造業向けに開発したものや、シーメンスが提供するアプリケーションなどを活用した新サービスも提供する。

 新サービスでは、スマートファクトリーの導入計画の策定、設備やヒト、モノからのデータ収集と分析、AIおよび機械学習などのアルゴリズム生成、システムの構築と運用、システムメンテナンスなどのアプリケーションをパッケージ化する。

 これを導入することで、製造ラインの不良原因分析による歩留まりの改善、設備異常の検知、故障劣化予測などの予知保全、AIを活用した外観検査など、設備や工程における課題をトータルで解決可能になる。

 また、工作機械を中心とした産業機器メーカーには、MindSphereをプラットフォームとして単体で提供する。これにより産業機器メーカーは、製造業向けに同プラットフォームをベースとした独自サービスを構築できる。マクニカはこれを支援するため、独自製品のエッジコンピュータ「SENSPIDER」やAIアルゴリズムを併せて提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.