ニュース
» 2019年09月25日 09時30分 公開

FAニュース:工場内の複数無線通信を安定化させる新規格、技術仕様の策定完了

複数の無線システムが混在する環境下でも安定した通信を実現するための規格策定と標準化に取り組む、フレキシブルファクトリパートナーアライアンス(FFPA)は2019年9月24日、必要な通信規格の技術仕様策定を完了したと発表した。

[MONOist]

 複数の無線システムが混在する環境下でも安定した通信を実現するための規格策定と標準化に取り組む、フレキシブルファクトリパートナーアライアンス(FFPA)は2019年9月24日、必要な通信規格の技術仕様策定を完了したと発表した。

 変化に柔軟に対応可能な製造現場を実現するために無線通信技術を活用したいというニーズは高まっているが、無線通信の不安定さが大きな課題となっている。さまざまなアプリケーションが免許不要周波数帯の無線規格を用いて独自で運用され、無線区間での干渉問題が生じ、アプリケーションが必要とする通信品質が維持できない状況が生まれているためだ。

 FFPAはこうした課題を解決するため、2017年7月に設立された任意団体である(※)。複数の無線システムが混在する環境下で安定した通信を実現する協調制御技術の規格策定と標準化、普及の促進を通じ、製造現場のIoT化を推進することを目的としている。メンバー企業は、オムロン、国際電気通信基礎技術研究所、情報通信研究機構(NICT)、NEC、富士通、サンリツオートメイション、村田機械、シーメンスの8社である。

(※)関連記事:工場のIoT化普及に向け、オムロンやNECらがアライアンスを結成

photo 無線プラットフォームで可能となる可視化と統合管理(クリックで拡大)出典:FFPA

 今回の技術仕様では、NICTの提案によるSRF無線プラットフォームをシステムの基本構成として採用。SRF(Smart Resource Flow)とは、マルチレイヤーシステム分析を用い、製造に関わる資源(人、設備、機器、材料、エネルギー、通信など)が円滑に流れるように管理するシステム工学戦略である。この発想の下、多種多様な無線機器や設備が接続された環境でも安定して動作するシステム構成を作る。

 技術仕様では、SRF無線プラットフォームの機能、インタフェースを規定し、製造現場に混在する多様な世代、規格、メーカーの無線システムが共存、協調できる仕組みを示した。具体的には、SRF無線プラットフォームにおいて、フィールドマネジャーが、ゲートウェイや無線端末から構成される複数の無線システムを管理、協調制御する。その際に以下の3つの点を実現することで、多様な無線通信を安定かつ効率的に運用できるようにする。

  1. 各無線システムにポリシーを与えることで無線資源(周波数、時間、空間)を配分する
  2. 無線通信とアプリケーションを意識した管理を行う
  3. 無線通信環境の監視を行う

 また、これらのグローバル制御とともに、無線通信環境が局所的に急激に変化することに対応するため、単一システムでの自律的な制御も実現する。

 FFPAでは今後、テスト仕様の策定を進め、2020年半ばをめどに認証プログラムを開始する予定としている。

photo 複数無線システムを協調制御するための構成(クリックで拡大)出典:FFPA

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.