ニュース
» 2019年09月26日 07時00分 公開

FAニュース:異物検査や表面状態確認に、焦点距離35mmの5Mピクセル対応FAレンズ

リコーインダストリアルソリューションズは、焦点距離35mmの5Mピクセル対応FAレンズ「RICOH FL-CC3524-5MX」を発売した。画面全域にわたって高解像度、高コントラストで撮影できる、最高性能等級Sランクの高性能レンズだ。

[MONOist]

 リコーインダストリアルソリューションズは2019年8月29日、焦点距離35mmの5Mピクセル対応FAレンズ「RICOH FL-CC3524-5MX」を発売した。価格はオープンとなる。

 同社の画面サイズ2/3型5Mピクセル対応FAレンズには、焦点距離12mm、16mm、25mmの3機種がある。その新ラインアップとして追加されたRICOH FL-CC3524-5MXは、焦点距離35mmでレンズ規格の最高性能等級Sランク基準を満たす。500万画素以上に対応し、最大口径比は1:2.4だ。

 フローティングメカニズムの採用により、0.1mから無限までの広い撮影距離で画面全域にわたり高解像度、高コントラストの撮影ができる。また、近年2/3型5Mメガピクセルの需要が伸びているが、同レンズは高解像度ながら外径33mmと小型であるため、組み込み設計への適用範囲を拡大する。

 RICOH FL-CC3524-5MXは、高精度で安定した検査・検出を可能にするため、マシンビジョン市場のニーズに応える。主な用途として、金属板金の表面状態確認や液晶モニターの画素抜けチェック、食品、薬品の異物検査などを見込む。同レンズを装置に組み込めば、視覚センサーとしても使用できる。

photo 焦点距離35mmの5Mピクセル対応FAレンズ「RICOH FL-CC3524-5MX」(クリックで拡大) 出典:リコーインダストリアルソリューションズ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.