ニュース
» 2019年09月30日 09時00分 公開

製造ITニュース:IoTで工業炉の「見える化」、関西電力が炉運用支援サービスを開始

関西電力は、IoTを活用した「工業炉最適運用サービス」の提供を開始する。顧客の工業炉の予防保全と省エネルギー化を目的に、エコム、オプテージと共同でIoTを活用した「見える化」を支援する。

[MONOist]

 関西電力は2019年9月12日、IoT(モノのインターネット)を活用した「工業炉最適運用サービス」を発表した。エコム、オプテージと共同開発したもので、同年10月1日より申し込み受け付けを開始する。

 工業炉最適運用サービスは、顧客の工業炉の予防保全と省エネルギー化を目的に、IoTを活用した「見える化」を支援するサービスだ。工業炉にIoTセンサーを設置し、タブレットなどで遠隔監視ができる。測定したデータを基に定期的な最適運用コンサルやチューニングを実施することで、予防保全と省エネルギー化を図る。

 サービス開始にあたり、工業炉のシステムや稼働状況、運用方法など基礎情報を集め健全性を評価する「カルテ」を作成し、最適運用コンサルと計画的な設備改修を提案。また、オプションメニューとして、エコムによる「ウェアラブルカメラを活用した遠隔保守支援サービス」や、定期保守点検サービスをご用意している。

 機器の設置やメンテナンスについてはエコムが、工業炉の最適運用コンサルとチューニングについては関西電力とエコムと共同で、見える化システムの開発およびIoTプラットフォームの提供をオプテージが担当する。

photo 「工業炉最適運用サービス」のイメージ(クリックで拡大) 出典:関西電力

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.