第46回東京モーターショー2019 特集
ニュース
» 2019年09月27日 06時30分 公開

東京モーターショー2019:新型フィットを世界初公開、電動化戦略の要となる2モーターHVを採用

ホンダは2019年9月26日、「第46回東京モーターショー2019」(一般公開日:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、「スーパーカブシリーズ」をベースにしたトレッキングバイクのコンセプトモデル「CT125」や、電動スクーター、「フィット」の新モデルを世界初公開すると発表した。

[齊藤由希,MONOist]
世界初公開するCT125(クリックして拡大) 出典:ホンダ

 ホンダは2019年9月26日、「第46回東京モーターショー2019」(一般公開日:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、「スーパーカブシリーズ」をベースにしたトレッキングバイクのコンセプトモデル「CT125」や、電動スクーター、「フィット」の新モデルを世界初公開すると発表した。2020年に発売予定の「アコード」の新モデルや、電気自動車「ホンダe」などのジャパンプレミアも予定している。

 CT125は、オフロードでの走破性に配慮するとともに、冒険心をくすぐるデザインでスーパーカブシリーズの新たな価値を提案する。スチール製フロントフェンダーやアップマフラー、幅広大型キャリア、ハイマウント排気ダクト、サイドエアクリーナーなどを装備しながら、シンプルなスタイリングを実現したという。

 電動スクーターはビジネス用の「BENLY e:」、三輪の「GYRO e:」を披露する。この2モデルは取り外し可能なバッテリー「モバイルパワーパック」を搭載。ガソリンエンジンモデルで培った積載性や耐久性、取り回しのよいボディーサイズ、配達ボックスの装着を考慮した広く平らなリアデッキなどを生かしながら、電動化によって環境性能と静粛性を高めた。

 新型フィットは、2モーターハイブリッド(HV)システム「i-MMD」の小型車向けシステムを採用する最初のモデルとなる。ホンダは電動化戦略の主軸を2モーターHVと位置づけ、1モーターHVシステム「i-DCD」を採用している車種も小型車向けi-MMDに順次切り替える。幅広い車種で2モーターHVシステムを共有化して量産効果を高める。将来的にはガソリンエンジン社と同等レベルまでシステムコストを下げることを目指す。

ワールドプレミアとなるBENLY e:(左)とGYRO e:(右)(クリックして拡大) 出典:ホンダ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.