まとめ
» 2019年09月30日 12時00分 公開

電子ブックレット(メカ設計):意匠法大改正5つのポイント

MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、“大変革”といわれる意匠法の改正をテーマに日本弁理士会がその詳細を解説した「意匠法大改正5つのポイント」をお送りします。

[MONOist]

MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、“大変革”といわれる意匠法の改正をテーマに日本弁理士会がその詳細を解説した「意匠法大改正5つのポイント」をお送りします。

意匠法大改正5つのポイント

「特許法等の一部を改正する法律案」の可決・成立を受け、2020年にも新たな法制度がスタートする。ここには特許法の他、意匠法、商標法の改正なども含まれており、中でも意匠法の改正は“大変革”と呼べるほどの変更が行われるという。本ブックレットでは、日本弁理士会の解説を基に「意匠法大改正5つのポイント」について取り上げる。


【主な内容】

  • 大変革となる今回の意匠法改正、その背景にあるものとは?
  • 大きく変わる意匠法、5つのポイント
  • 画像の保護対象の拡張
  • 空間デザインの保護(建築物、内装)
  • 関連意匠制度の拡充
  • 存続期間の延長
  • 一物品の考え方とその他の改正

・ブックレットは無料でお読みいただけますが、TechFactoryの利用登録および、メールマガジンの購読が必要です。
・電子ブックレットはPDFファイルで作成されています。
・電子ブックレット内の記事は、基本的に記事掲載時点の情報で記述されています。そのため一部時制や固有名詞などが現状にそぐわない可能性がございますので、ご了承ください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.