ニュース
» 2019年09月30日 06時00分 公開

製造マネジメントニュース:スバルがトヨタの関連会社に、AWD車や次期86/BRZを共同開発

トヨタ自動車とSUBARU(スバル)は2019年9月27日、長期的提携関係の発展と強化に向けて、新たな業務資本提携に合意したと発表した。

[齊藤由希,MONOist]

 トヨタ自動車とSUBARU(スバル)は2019年9月27日、長期的提携関係の発展と強化に向けて、新たな業務資本提携に合意したと発表した。

 業務提携では、AWD(全輪駆動)モデルや「86/BRZ」の次期モデルの共同開発に取り組む。86/BRZは2012年の発売以降、全面改良は行われていなかった。トヨタ自動車 社長の豊田章男氏は「インプレッサでラリーの練習に励んでいた経験などから、スバルのAWD技術を肌で感じてきた。トヨタもWRCなどを通じAWDの技術を磨いている。『走る愉しさ』を追求してきた両社が、お互いの持つ強みを持ち寄り、更に関係を深めることで、CASEの時代に相応しい『もっといいクルマづくり』の可能性を追求していきたい」とコメントを寄せた。

 また、スバルにおけるトヨタハイブリッドシステムの搭載車種を「クロストレック(日本名XV)」以外にも拡大する。さらに、コネクテッド領域での協調や自動運転分野での技術連携に取り組む。

 資本提携は双方が株を持ち合う。トヨタは議決権比率20%に達するまでのスバルの株式数を取得する。トヨタの議決権比率は現状の16.83%から20%以上となり、スバルはトヨタ自動車の関連会社となる。スバルは、トヨタ自動車がスバル株式の取得に要した金額と同額(上限800億円)に相当する株式数を取得する。

 両社は2005年に業務提携に合意し、北米でのスバルによる「カムリ」の受託生産、トヨタ自動車からスバルへ「ラクティス」「bB」の供給、86/BRZの共同開発などで協業に取り組んできた。また、2019年6月には、スバルのAWD技術とトヨタ自動車の電動化技術を活用したEV(電気自動車)専用プラットフォームとEVの開発に合意した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.