ニュース
» 2019年10月01日 15時00分 公開

医療機器ニュース:コミュニケーションロボットを活用した入院説明業務支援の効果を評価

日立製作所は、同社のコミュニケーションロボット「EMIEW3」を活用した入院説明業務支援による、医療従事者の負担軽減効果の評価研究を開始した。従来の医療従事者が説明する患者と、説明の一部をEMIEW3が代行する患者を比較検証する。

[MONOist]

 日立製作所(日立)は2019年9月17日、国立国際医療研究センターと共同で、同社のコミュニケーションロボット「EMIEW3(エミュースリー)」を活用した入院説明業務支援による、医療従事者の負担軽減効果の評価研究を開始したと発表した。

 同研究は、同年8月23日から約3カ月、国立国際医療研究センター病院の入退院支援センターで実施する。入院時に、従来の医療従事者が説明する患者50人と、説明の一部をEMIEW3が代行する患者50人を対象とする。

 双方を比較し、医療従事者の説明対応時間や負担感を比較し、ロボットの導入効果を評価する。また、ロボットによる説明を患者が受け入れられるかなど、患者の満足度なども調査する。

 EMIEW3は、日立が2016年4月に開発したコミュニケーションロボット。リモートブレイン構成のロボットIT基盤と連携し、柔軟な拡張と業務システムとの連携に対応する。これまで駅や空港、商業施設などで運用実績があるが、医療現場での説明業務に焦点を置いた研究は、今回が初になるという。

photo 入退院支援センターでの説明の様子 出典:日立製作所

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.