ニュース
» 2019年10月01日 12時00分 公開

製造マネジメント メルマガ 編集後記:CEATECも東京モーターショーもマジでヤバいのか

変わらなければいけないタイミングなのは確かです。

[朴尚洙,MONOist]

 この記事は、2019年10月1日発行の「製造マネジメント メールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。


CEATECも東京モーターショーもマジでヤバいのか

 2019年10月は製造業に関わりの深い大型の展示会が連続して開催されます。まずは、10月15〜18日に幕張メッセで開催される「CEATEC 2019」があります。続いて、10月23日〜11月4日(10月23日はプレスデー、一般公開は10月24日から)に東京ビッグサイト他で「第46回東京モーターショー2019」が、そして10月29日〜11月1日に幕張メッセで「JAPAN PACK 2019(日本包装産業展)」が開催されます。

 CEATEC 2019と東京モーターショー2019については特集サイトを展開していますので、それぞれ事前情報やレポート記事などにご注目ください。

 さて、CEATEC 2019と東京モーターショー2019ですが、これまで出展していた企業が出展を取りやめるということがニュースとして取り上げられています。例えば、CEATEC 2019の場合はパナソニックの出展取りやめが話題です。また、東京モーターショー2019も、ダイムラーとルノーなどを除いて多くの海外自動車メーカーが出展を取りやめることが以前から報道されていました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.