ニュース
» 2019年10月03日 08時00分 公開

組み込み開発ニュース:紙より薄い光源の長寿命化技術を開発

日本触媒とNHKは、紙より薄く、柔軟性の高い「iOLEDフィルム光源」を長寿命化させる新たな電子注入技術を開発した。有機ELの劣化の原因となるアルカリ金属に代わり、有機塩基性材料を用いている。

[MONOist]
photo 発光するiOLED 出典:日本触媒

 日本触媒とNHKは2019年9月17日、紙より薄く、柔軟性の高い「iOLEDフィルム光源」を長寿命化させる新たな電子注入技術を開発したと発表した。

 両社は今回、有機ELの劣化の原因となるアルカリ金属に代わり、有機塩基性材料を添加した分極型の有機EL用材料を開発した。本材料は高い大気安定性と分極による高い電子注入性を有しており、酸素や水を透過しやすいフィルム上でも高い電子注入を長く維持できる。

 また、有機塩基性材料を加えて水素結合が形成されることで生じる分極が、電子注入において重要な役割を担っていることを確認した。

photo 有機ELデバイスと新規電子注入技術(クリックで拡大) 出典:日本触媒

 今後、同技術を実用化することで、発光色のより細やかな制御や長寿命化、極薄膜素子の実現、さらにはプロセスの簡略化によるコスト削減などが期待される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.