ニュース
» 2019年10月04日 15時00分 公開

医療技術ニュース:砂糖の取り過ぎで中性脂肪をためやすくなるメカニズムを解明

名古屋大学は、砂糖の取り過ぎが脂肪肝や高中性脂肪血症などの脂質代謝異常を引き起こすメカニズムを解明した。肝臓の脂質代謝の概日リズムが乱れることで、中性脂肪をためやすくなることが分かった。

[MONOist]

 名古屋大学は2019年9月12日、砂糖(ショ糖)の取り過ぎが脂質代謝異常を引き起こすメカニズムを解明したと発表した。肝臓の脂質代謝の概日リズムが乱れることで、中性脂肪をためやすくなることが分かった。同大学大学院生命農学研究科 准教授の小田裕昭氏らの研究グループによる成果となる。

 研究ではまず、ラットを用いて脂質代謝を調査した。肝臓の脂質代謝は日周リズムを示すが、このリズムの振幅が砂糖の取り過ぎによって増大し、脂質合成が促進することが原因だと解明した。また、この作用は、砂糖を構成する果糖によるものであるという。

 砂糖を構成する果糖とぶとう糖は、構造上にわずかな違いがある。しかし、代謝に及ぼす影響は大きく異なるため、このわずかな違いに体内時計が関係することも明らかになった。

 砂糖の取り過ぎによる脂肪肝や高中性脂肪血症は、「やせ型」のメタボリックシンドロームを誘発するとされるが、そのメカニズムは不明だった。今回の研究では、概日リズムに依存的な脂質合成の高進が脂肪肝や高中性脂肪血症の原因であることが判明。メタボリックシンドロームを誘発するメカニズムの一端が明らかになり、予防への対策につながることが期待される。

photo 研究の概念図 出典:名古屋大学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.