ニュース
» 2019年10月07日 09時00分 公開

製造ITニュース:製造業の営業部門と業務部門を連携、ビジネス可視化ソリューション

セールスフォース・ドットコムは、製造業の営業部門と業務部門をつなぎ、市場の状況や需要を可視化して予測精度を高める「Manufacturing Cloud」を発表した。

[MONOist]

 セールスフォース・ドットコムは2019年9月17日、製造業の営業部門と業務部門をつなぎ、市場の状況や需要を可視化して予測精度を高める「Manufacturing Cloud」を発表した。同年10月から提供を開始する。

 Manufacturing Cloudは、ERP(Enterprise Resource Planning)に格納されたデータと受注管理システム、需要予測の統合が可能だ。販売計画に変更が生じた場合、すぐに変更点が反映されるため、アカウントチームは販売計画のライフサイクル全体を信頼できる情報とともに管理し、受注数量や予測に対してのパフォーマンスなどを可視化する。

 同製品を用いた取引先ベースの販売予測では、ビジネスの現状と今後の商談を可視化することもできる。営業、財務、業務の各チームは、部門間の垣根を越えて、より正確な予測を作成可能だ。さらにアカウントチームは、顧客のニーズや市場の需要に関する情報を追加して、販売計画と販売予測を共同でリアルタイムに調整し、利益や、収益マージンを容易に予測できるようになる。

 また同日、製造業に特化した3つの新製品も発表した。「Einstein Analytics for Manufacturing」は、解約リスクの高い顧客への働きかけなど、顧客との関係強化に有効だ。「Community Cloud for Manufacturing」は、すぐに利用できるテンプレートを用いることで、製造業者とチャネルパートナーの間で販売計画や商談を共有しやすくなる。

 「MuleSoft Anypoint Platform」は、データがオンプレミスかクラウドにあるかを問わず、アプリケーションやデバイスのデータを最適化する。さらに、Manufacturing Cloudを他のシステムと接続すれば、全ての販売チャネルについて、ビジネスプロセスを自動化できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.