ニュース
» 2019年10月07日 07時30分 公開

IoTセキュリティ:軽量かつ強固なIoT向け軽量暗号、NTTらが開発しISO標準に採択

NTTは2019年10月4日、同社とルーベンカトリック大学(ベルギー)、デンマーク工科大学(デンマーク)と共同で開発したIoT(モノのインターネット)向け軽量暗号技術「LightMAC」がISO標準に採択されたと発表した。

[松本貴志,MONOist]

 NTTは2019年10月4日、同社とルーベンカトリック大学(ベルギー)、デンマーク工科大学(デンマーク)と共同で開発したIoT(モノのインターネット)向け軽量暗号技術「LightMAC」がISO標準に採択されたと発表した。LightMACは演算リソースの限られているIoTデバイスにおいても動作でき、IoTプラットフォーム全体の安全性を向上させるとしている。

 IoTが社会に広く浸透する中で、データの改ざんやプライバシーの侵害などセキュリティに対する懸念も高まっている。NTTではIoTを安全に運用する手段として軽量暗号技術の開発を進めており、その1つとして制御信号やセンサデータが改ざんされていないことを保証するメッセージ認証コード(MAC: Message Authentication Code)の研究に取り組んできたという。

 軽量暗号技術はメモリやCPUなどの演算リソースが限られた環境で利用することを想定し、暗号アルゴリズムを構築している。一方で、安全性と性能はトレードオフの関係であり、演算処理を減らすために暗号化に関わるパラメータを小規模なものに変更すると攻撃への耐性が損なわれる。MACにおいても同様に、軽量化のためブロック長の短い軽量ブロック暗号を利用した場合、安全が保たれるデータ量で制約が発生するという課題があった。

 NTTらが開発したLightMACは、ブロック暗号を独自の手法で繰り返し適用することが特徴だ。これにより、既存の軽量ブロック暗号の実装を有効活用しつつ、必要な安全性を確保できる。省演算資源環境においても大きな負荷を掛けることなく、比較的大きなデータの処理にも耐性を損なわないという。同技術は国際標準規格ISO/IEC 29192-6に採録された。

 同社は今後、LightMACとの組み合わせに最適な軽量ブロック暗号の標準化を進め、安全なIoTプラットフォームを実現する技術開発に取り組むとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.