第46回東京モーターショー2019 特集
ニュース
» 2019年10月07日 06時30分 公開

東京モーターショー2019:トヨタ系サプライヤー5社が協力して自動運転車のインテリアを提案

トヨタ紡織は「第46回東京モーターショー2019」(一般公開日:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、アイシン精機やデンソー、豊田合成、東海理化と連携して自動運転車のインテリアを提案する。

[齊藤由希,MONOist]

 トヨタ紡織は「第46回東京モーターショー2019」(一般公開日:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、アイシン精機やデンソー、豊田合成、東海理化と連携して自動運転車のインテリアを提案する。

 コンセプトカー「MX191」(MX=Mobility eXperience)に各社の技術を盛り込み、安全で快適な楽しい移動空間をアピールする。自動運転中のさまざまなシートアレンジや乗員を見守る安全システム、場面に合わせたモード切替を搭載するとしている。豊田合成は、自動運転中に乗員の姿勢が多様化することに対応し、エアバッグとシートを一体化した次世代セーフティシステムを提供する。

コンセプトカー「MX191」のイメージ(クリックして拡大) 出典:トヨタ紡織
エアバッグとシートを一体化した次世代セーフティシステム(クリックして拡大) 出典:豊田合成

 また、豊田合成は、ヒューマンマシンインタフェース(HMI)の機能を持たせたステアリングモジュールを出展する。カメラやセンサーでドライバーの状態を検知する見守り機能や、光、振動などで情報を知らせるインフォメーション機能を搭載。ジェイテクトのステアリングバイワイヤシステムと連携する。

 豊田合成はこの他にも、ゴムや樹脂を使った柔らかい車体で、人工知能(AI)によるコミュニケーションが可能なコンセプトカー「Flesby III」を展示する。また、要素技術の体験として、縦型GaNパワー半導体を用いて非接触で送電する技術や、電気で伸縮する次世代ゴムの振動で触覚を擬似的に再現する技術を披露する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.