ニュース
» 2019年10月08日 12時00分 公開

メカ設計メルマガ 編集後記:未完成の「ガレキ」だから3Dプリンタとの相性は抜群!?

サポート材がガッツリ付いた状態でも商品として成立する世界。

[八木沢篤,MONOist]

この記事は、2019年10月8日発行の「メカ設計 メールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。

 多品種少量生産に最適とされる3Dプリンタ。最終製品やパーツ製造に活用されるなど、試作やデザインレビューの枠を超えた利用が少しずつ広がっています。

 少し前に話題になったのが、ガレージキットです。フィギュアの造形企画製作、販売を行う海洋堂が、Formlabsの光造形(SLA)方式3Dプリンタ「Form 2」を導入し、ガレージキットの自社生産工場を立ち上げたというのです。

未完成の「ガレキ」だから3Dプリンタとの相性は抜群!?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.