「つながるクルマ」が変えるモビリティの未来像
ニュース
» 2019年10月08日 06時00分 公開

車載情報機器:「ダイハツコネクト」がスタート、SDL対応ディスプレイオーディオも採用開始

ダイハツ工業は2019年10月7日、スマートフォンと車載情報機器を接続するコネクテッドサービス「ダイハツコネクト」の提供を2019年内に開始すると発表した。

[齊藤由希,MONOist]

 ダイハツ工業は2019年10月7日、スマートフォンと車載情報機器を接続するコネクテッドサービス「ダイハツコネクト」の提供を2019年内に開始すると発表した。車内で乗員がWi-Fiを利用できるようにする「ダイハツWi-Fi」や、「Smart Device Link(SDL:スマートデバイスリンク)」とAppleの「CarPlay」を利用可能なディスプレイオーディオも年内に展開し、コネクテッド化を進める。

 コネクテッド関連の新しい機能は、2019年内に発売する新型車で、新世代のクルマづくり「DNGA(Daihatsu New Global Architecture)」の第2弾となるモデルから採用する。

 ダイハツコネクトは、乗員のスマートフォンと車載情報機器を連携させることで、手軽にコネクテッドサービスを提供するとしている。スマートフォンに専用のアプリをダウンロードすることで、事故や故障発生時にコールセンターに自動通知したり、車両の警告灯が表示したときに、コールセンターへアドバイスを求めることが可能になる。車載情報機器に警告灯の理由や、車検、点検、リコールなどメンテナンスの情報も表示する。

 家族向けに、車両に事故や故障が発生したとき、設定エリア外への移動、自宅への到着などをメールで知らせる機能も含まれている。会員向けWebサイト「ダイハツポート」から、燃料の残量や走行可能距離、平均燃費などを確認することも可能だ。

 ダイハツWi-Fiは3年間、1カ月1GBまでのデータ容量を無料で提供する。より大容量な有料プランも設定するという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.