第46回東京モーターショー2019 特集
ニュース
» 2019年10月11日 06時00分 公開

東京モーターショー2019:障害物を避けながら自在に動き回るヤマ発の「ランドリンク」、人に合わせた器用さも

ヤマハ発動機は2019年10月10日、「第46回東京モーターショー2019」(一般公開日:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、自律ソリューションビークル「ランド リンク コンセプト」を世界初公開すると発表した。

[齊藤由希,MONOist]
自律ソリューションビークル「ランド リンク コンセプト」(クリックして拡大) 出典:ヤマハ発動機

 ヤマハ発動機は2019年10月10日、「第46回東京モーターショー2019」(一般公開日:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、自律ソリューションビークル「ランド リンク コンセプト」を世界初公開すると発表した。

 ランド リンク コンセプトは周囲をセンシングしながら自在に移動する高い機動力を備える。人工知能(AI)による画像認識で走路を判断し、障害物を避けながら走行する。それぞれで操舵(そうだ)や駆動が可能な4つの車輪で方向を問わず動く。人間とともに作業するために必要な器用さも持っているという。

 この他にも、電動スクーター2モデルを参考出展する。1つは都市間の移動に向けた「E01」で、急速充電に対応しており、出力は排気量125ccのエンジンに相当する。スクーターと電気自動車の技術を融合し、実用性と従来のスクーターを上回る上質な走りを両立したという。都市内の移動向けの「E02」はエンジン出力50ccに相当する電動コミューターで、着脱式のバッテリーを搭載している。電動ならでは滑らかでスムーズな走りを追求。電動バイクを楽しく身近に感じられる価値を提供するとしている。

電動スクーターのコンセプト「E01」(左)と「E02」(右)(クリックして拡大) 出典:ヤマハ発動機

 ヤマハ発動機は、研究中の製品群の自動化や知能化に向けてNVIDIAと協業しており、あらゆる製品に展開可能な万能型の知能化プラットフォームの構築を目指している。具体的には、無人農業用車両となるUGV(Unmanned Ground Vehicle)、電動小型低速車両のPPM(Public Personal Mobility)などをターゲットとしており、UGVの実用化が近いという。UGVはATV(四輪バギー)の技術を基にした小型軽量で走破性に優れた車体と、長時間稼働可能な動力源、そして知能化プラットフォームで実現するAIの優れた周辺認識能力によって、無人で農作業を行う。

 また、AIの開発力強化では組み込み仕様のGPU開発を行っているディジタルメディアプロフェッショナル(DMP)と業務資本提携を締結。低速自動運転車など向けに、製品に組み込めるAIの開発を進めている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.