ニュース
» 2019年10月15日 12時00分 公開

製造マネジメント メルマガ 編集後記:ノーベル賞受賞を機に改めて問う、リチウムイオン電池のリサイクル問題

市場が今後も拡大するからこそ、改めて考えたい問題です。

[朴尚洙,MONOist]

 この記事は、2019年10月15日発行の「製造マネジメント メールマガジン」に掲載されたMONOistの編集担当者による編集後記の転載です。


ノーベル賞受賞を機に改めて問う、リチウムイオン電池のリサイクル問題

 2019年のノーベル化学賞に、リチウムイオン電池の開発に貢献した旭化成 名誉フェローの吉野彰氏など3氏が受賞したことは、2019年10月9日の発表を受けての報道により多くの方がご存じかと思います。旭化成という企業に所属しての研究成果が評価されたということは、製造業の技術者を取材することが多いMONOistの編集記者として大変うれしい出来事です。

 大学や研究所での研究活動以上に厳しく成果が求められる企業の研究開発部門の所属であっても、吉野氏のように大きな評価を得られるということは、MONOist読者の皆さまにとっても大きな力になるのではないでしょうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.