ニュース
» 2019年10月15日 14時00分 公開

組み込み採用事例:マツダが自社通信ネットワークソフト「MNOS」の主要推奨ベンダーを選定

ベクター・ジャパンは、マツダが自社の通信ネットワークソフト「Mazda Network Operating System」の主要推奨ベンダーとして、ベクターを選定したと発表した。

[MONOist]

 ベクター・ジャパン(ベクター)は2019年9月26日、マツダが自社の通信ネットワークソフト「MNOS(Mazda Network Operating System)」の主要推奨ベンダーとして、ベクターを選定したと発表した。

 MNOSは、ベクターのAUTOSAR BSW(基盤ソフトウェア)「MICROSAR」を、マツダの仕様に対応させたソフトウェアだ。同社向けECU(電子制御ユニット)を開発するサプライヤーがMNOSを活用することで、効率的にECU開発ができる。

 ベクターではこれまでも、マツダ仕様に対応したCAN通信組み込みソフトウェア「CANbedded」や、リプログラミングソフトウェア「FlashBootloader」をマツダに提供。多数の量産プロジェクトで活用されてきた。

 さらに、同社の次世代の通信仕様策定の際には、AUTOSARに関するノウハウを用いてその策定に貢献した。今回の選定は、これらの実績が評価されたものだという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.