CEATEC 2019 特集
ニュース
» 2019年10月15日 08時30分 公開

CEATEC 2019:AIoTのデジタル基盤化に本腰入れるシャープ、基盤会社を独立させ仲間作りを加速 (3/3)

[三島一孝,MONOist]
前のページへ 1|2|3       

パートナーの相互接続性を強化

 AIoTクラウドでは現在2社のパートナーを、2020年までに50社に拡大していく方針。他社の接続デバイスを拡大しデータを増やしていくとともに、利用先となる他社サービスとの連携も強化していく。

 他社サービスでの利用についてはWebAPIを用意しデータ提供を行う計画である。WebAPIそのものはシャープで提供するが、その後の活用までのサービス構築については、パートナー企業が開発する形となる。デバイスデータを直接、他社のサービスにつなぐことは「現在は想定していない」(シャープ)とし、一度シャープのAIoTプラットフォームを経由し、他社サービスにつなぐ形となる。

photo AIoTプラットフォームの基本的な構成(クリックで拡大)出典:シャープ

 一方でデバイス側にもAIoTプラットフォームに容易に接続できるモジュールを提供。プラットフォーム連携だけでなく、シャープが得意とする音声認識や音声発話の機能などを加えたモジュールを用意し、AIoT家電の開発を支援することで、AIoTプラットフォームの利用を拡大したい考えだ。

photo AIoT対応モジュール(クリックで拡大)
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.