ニュース
» 2019年10月16日 07時00分 公開

FAニュース:金属3Dプリンタ機能を搭載した小型同時5軸マシニングセンタ、複雑な造形可能に

スギノマシンは、DED方式の金属積層造形機能を備えた、小型同時5軸マシニングセンタ「XtenDED」を発表した。小型ながら、異種材料を組み合わせた積層造形と、同時5軸制御による複雑な形状の造形が可能だ。

[MONOist]

 スギノマシンは2019年9月11日、DED(Direct Energy Deposition)方式の金属積層造形機能を備えた、小型同時5軸マシニングセンタ「XtenDED」を発表した。2020年4月の発売を予定している。

 XtenDEDは、金属の積層造形から切削加工までが1台で完結できる複合加工機だ。ノズルの先端から噴射される金属粉をレーザーで溶融・凝固させながら肉盛りするDED方式を採用しており、種類の異なる材料を組み合わせた積層造形と、同時5軸制御による複雑な形状の造形が可能だ。

 切削加工の際は、積層造形用のノズルが退避して干渉しない仕組みになっている。また、付属機器を含めたスペースが約7.8m2とコンパクトで、積層造形機能と同時5軸制御マシニングセンタの複合加工機としては、業界最小クラスとなる。

 外観寸法は3125×2500×2550mmで、質量は5000kg。操作しやすいタッチパネルには、機内モニター機能が付いている。

 主な用途として、航空機エンジン部品の製造や摩耗した金型の再生、金型の耐久性向上などを想定している。

photo 小型同時5軸マシニングセンタ「XtenDED」(クリックで拡大) 出典:スギノマシン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.