CEATEC 2019 特集
ニュース
» 2019年10月17日 08時00分 公開

CEATEC 2019:「オフグリッド型コネクテッド住宅」は2030年の新たなスマートホームになるか (1/3)

Armの子会社であるトレジャーデータと、エムテド、日南の3社は2019年10月15日、「CEATEC 2019」内で会見を開き、「2030年の豊かな暮らし」を実現するオフグリッド型コネクテッド住宅「OUTPOST」を開発、提供するプロジェクトについて説明した。

[朴尚洙,MONOist]

 Armの子会社であるトレジャーデータと、エムテド、日南の3社は2019年10月15日、「CEATEC 2019」(2019年10月15〜18日、幕張メッセ)内で会見を開き、「2030年の豊かな暮らし」を実現するオフグリッド型コネクテッド住宅「OUTPOST」を開発、提供するプロジェクトについて説明した。CEATEC 2019の展示会場では、OUTPOSTのコンセプトを体感できる実物大の住宅を披露するとともに、VR(仮想現実)技術によってモジュール型家屋であるOUTPOSTをさまざまな場所に設置できる可能性を示し、同プロジェクトに参画する企業を募りたい考え。

オフグリッド型コネクテッド住宅「OUTPOST」の展示 オフグリッド型コネクテッド住宅「OUTPOST」の展示(クリックで拡大)

 OUTPOSTは、都市ガスや電気、水などの既存の社会インフラから独立したオフグリッド型コネクテッド住宅である。電力は太陽光発電システムなどで供給し、一定量をタンクに蓄えた水をろ過システムで再生して利用する。そして通信に5Gを用いて、オフグリッドでコネクテッドな住宅にすることができる。

 同プロジェクトに参画するパートナー各社(現在はプロジェクトを推進するトレジャーデータを除き10社)が提供する各分野の最新技術を、フィジカルとデジタルの両面で融合した全く新しいモジュール型の住環境ソリューションだ。居住地へ輸送すれば即時に入居可能なユニット仕様の住宅であり、ガスや電気、水といった既存のライフラインに依存することなく、立地を選ばずに独立設置できる。

「OUTPOST」のプロジェクト体制図 「OUTPOST」のプロジェクト体制図(クリックで拡大) 出典:トレジャーデータ

 そして、空調や水環境、エネルギーなど、これまで散在していた情報については、Armとトレジャーデータが提供するデータ管理プラットフォーム「Pelion IoT Platform」で統合、管理することで「2030年の豊かな暮らし」を実現しようというものだ。

Armとトレジャーデータが提供する「Pelion IoT Platform」の概要 Armとトレジャーデータが提供する「Pelion IoT Platform」の概要(クリックで拡大) 出典:トレジャーデータ
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.