CEATEC 2019 特集
ニュース
» 2019年10月17日 08時00分 公開

CEATEC 2019:「オフグリッド型コネクテッド住宅」は2030年の新たなスマートホームになるか (2/3)

[朴尚洙,MONOist]

「2030年に向けた新たなスマートホームのコンセプト」

 トレジャーデータ マーケティングディレクターの堀内健后氏は「当社はCDP(カスタマーデータプラットフォーム)としての認知が広がっており、多くの企業にも利用いただいている。しかし、当社のプラットフォームは、顧客データだけでなくIoT(モノのインターネット)などデバイスから得られるデータを管理、分析することでも力を発揮できる。ここ数年は、顧客データにとどまらない分野へのアプローチが課題だったが、2030年に向けた新たなスマートホームのコンセプトともいえるOUTPOSTという明確なカタチをお見せすることで、一気に活動を広げていきたい」と意気込む。

左から、エムテドの田子學氏、トレジャーデータの堀内健后氏、日南の猿渡義市氏 左から、エムテドの田子學氏、トレジャーデータの堀内健后氏、日南の猿渡義市氏

 OUTPOSTの総合デザインを担当したのは、デザインマネジメントなどで知られるエムテド 代表取締役の田子學氏である。田子氏は「OUTPOSTのデザインでは、資産としてためているデータをどう活用できるのか、それを暮らしとしてどのように表現できるのかを考えた」と説明する。

「OUTPOST」のデザインコンセプト 「OUTPOST」のデザインコンセプト(クリックで拡大) 出典:トレジャーデータ

 OUTPOSTは空間全体がデバイスであり、常時ネットワークにつながりつつ、既存のライフラインには依存しない、オフグリッドな“新しい人生とスタイル”を提案する。「住宅として住み続けるというよりも、仕事場にも週末の余暇を楽しむ場所にもなり得るサードプレースという位置付け」(田子氏)だ。

 またモジュール設計を採用しており、短工期での設置が可能である。田子氏は「オフグリッドなので、インフラのない過疎地でも設置できるし、設置場所が日本である必要もない」と述べる。

 日南は、今回のCEATEC 2019の展示におけるVRコンテンツ制作を担当した。創業50周年の同社は家電から自動車に至るまで、さまざまな製造業に対して開発支援を行ってきた。同社 取締役 デザイン本部長の猿渡義市氏は「デザインプロセスからプロトタイピング、その後のデータ管理なども手掛けており、開発支援で実績を積み重ねてきた。OUTPOSTでは、丘の上や湖の上で住まうイメージのVRコンテンツを制作したが、今後はプロトタイピングや実証実験で貢献していくコトになるだろう」と述べている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.