ニュース
» 2019年10月18日 14時00分 公開

組み込み採用事例:JOLEDの有機ELディスプレイパネルをEIZOのモニターが採用

JOLEDは、同社の有機ELディスプレイパネルがEIZOの21.6型、4K新型OLEDモニター「FORIS NOVA」に採用されたと発表した。ハイエンドモニター市場において中型、高精細のディスプレイの展開を加速する。

[MONOist]

 JOLEDは2019年10月2日、同社の有機ELディスプレイパネルがEIZOの新型OLEDモニター「FORIS NOVA」に採用されたと発表した。

 FORIS NOVAは動画やゲームなどでの用途を見込んだ21.6型、4Kエンターテインメントモニター。同年11月1日に国内での販売を開始し、以降米国、中国、欧州でも順次発売予定だ。オープン価格だが、EIZOダイレクトでは35万円(税別)で販売される。

 JOLEDは同社独自のRGB印刷方式により有機ELディスプレイを製造しており、今後ハイエンドモニター向けの製品展開を強化するとしている。

photo EIZO新型モニター「FORIS NOVA」のイメージ 出典:JOLED

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.