ニュース
» 2019年10月21日 07時00分 公開

FAニュース:設置面積を抑えながら大型化、リニアモーター駆動の大型形彫り放電加工機

ソディックは、リニアモーター駆動の大型形彫り放電加工機「AG200L」を発売した。各軸を拡張しながら、機械剛性を最適化した機械設計により設置面積を抑えている。

[モノイスト]

 ソディックは2019年10月1日、リニアモーター駆動の大型形彫り放電加工機「AG200L」を発売した。標準価格は6300万円〜(税別)で、年6台の生産目標を掲げる。

 AG200Lは、同社のC型コラム仕様の形彫り放電加工機「AG100L」を基に、XYZ各軸のストロークを拡張した。近年高まる、大型化、複雑化が進む自動車関連の金型構造に対応可能な同加工機へのニーズに応える。

 X軸を1200mmから2000mmに、Y軸を650mmから1200mmに拡張するとともに、機械剛性を最適化した機械設計により設置面積を抑えている。AG100Lと比較し、最大加工面積で約2倍、加工タンク空間容積で約3.2倍の大型ワークに対応可能ながら、機械寸法は1.5倍のコンパクト化に成功した。

 省スペース化に貢献するY軸の2重構造スライド方式は、移動質量を軽減し、加工軸の応答性を向上する効果もある。XY軸の横サーボや3軸の寄せ加工などにおいて安定した高速加工が可能。Y軸操作においては、加工前の位置決め時に自動フォールディング動作を行うことで、NCの変更なしに最適な制御ができる。

 同社が開発・製造した高出力リニアモーターを搭載し、大型機でありながら高速かつ高応答な加工サーボ性能を備えた。ボールねじを使用しない非接触駆動により、経年変化を抑え長期に渡り性能を維持する。さらに、独自のリニアモーター冷却構造が発熱を抑制し、高精度を維持した長時間の自動運転に対応する。

 また、放電制御技術「アークレスPlus」を搭載。形彫り放電加工のパフォーマンスが向上している。放電電源装置「LN2A2電源」は、高速プロセッサを搭載した高い処理速度を可能にする。さらに、Z軸リニア高速ジャンプにより、チップの2次放電に起因するアークや加工形状不良を抑制し、加工時間を大きく短縮する。

photo 大型形彫り放電加工機「AG200L」(クリックで拡大) 出典:ソディック

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.