CEATEC 2019 特集
ニュース
» 2019年10月23日 08時30分 公開

CEATEC 2019:IoT標準搭載が追い風に、アマダが目指す板金業界のIoT基盤構築

アマダは「CEATEC 2019」(2019年10月15〜18日、千葉県・幕張メッセ)に3年連続で出展し、同社が展開する板金装置のIoT(モノのインターネット)ソリューション「V-factory」を中心に、デジタル化で得られる板金工場での新たな価値を訴求した。

[三島一孝,MONOist]

 アマダは「CEATEC 2019」(2019年10月15〜18日、千葉県・幕張メッセ)に3年連続で出展し、同社が展開する板金装置のIoT(モノのインターネット)ソリューション「V-factory」を中心に、デジタル化で得られる板金工場での新たな価値を訴求した。

photo CEATEC 2019におけるアマダブース(クリックで拡大)

IoTで板金工場の生産性を改善へ

 アマダでは2018年5月からIoTソリューション「V-factory」の展開を開始。「V-factory」はIoTを活用した板金装置の稼働状況見える化や遠隔サポート、そして板金加工を含む複雑な生産現場における製造支援を可能とする総合ソリューションだ。アマダが提供する機器や金型、ソフトウェアの情報を、独自の通信ゲートウェイ「V-factory Connecting Box」を通じて収集することで各種サービスを実現している。

 アマダ 執行役員 サービスBiz推進部門長の横山匡氏は「『V-factory』の利用率は急速に高まっている。さらに、利用した上での問い合わせなども大きく増えており、ようやく板金装置を使う上のデータの共有基盤が生まれたという手応えを感じている」と語る。

 その要因となったのが「Vfマシン」の提供開始である。アマダでは2019年4月から、主力機種のほとんどで、「V-factory Connecting Box」を標準搭載し、マシンから直接「V-factory」に接続可能とする「Vfマシン」としている。

 横山氏は「『V-factory』への対応を標準モデルで行えるようにしたことが、利用率の急速な向上に大きく貢献したことは間違いない。多くの工場で実際に『V-factory』を使ってもらえるところまではようやくこれた。今後はこれを継続的に活用してもらい、サービス基盤や生産支援の基盤など新たな価値提供の場としていくことが重要だと考えている」と述べる。

photo 「V-factory」の利用の大きな追い風となった「Vfマシン」。青丸部にロゴが掲載されている(クリックで拡大)

 CEATECではこれらの土台が整ってきた「V-factory」により得られる板金工場の価値をデモで紹介。板金装置で稼働が停止した際に、その不具合の様子を遠隔のアマダサポートセンターが、板金装置のデータを見ながら診断し、トラブル解決を実現するというものだ。

 横山氏は「実際にトラブル時の相談なども非常に増えてきている。また一時的なトラブルの解消だけでなく、継続的な生産改善に対する相談も増えており、新たな価値提供につなげていける手応えを感じている」と語った。

photo 「V-factory」の利用の大きな追い風となった「Vfマシン」。青丸部にロゴが掲載されている(クリックで拡大)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.