ニュース
» 2019年10月24日 07時00分 公開

工場ニュース:インドに自動車機器生産工場を新設、環境規制対応製品の需要拡大に対応

三菱電機は、インドの自動車機器生産拠点である三菱電機オートモーティブ・インドの新工場を建設する。新工場では電動パワーステアリング用モーターコントロールユニットなどを生産し、環境規制対応製品の需要拡大に対応する。

[MONOist]

 三菱電機は2019年10月7日、三菱電機オートモーティブ・インド(MEAI)の新工場を建設すると発表した。

 三菱電機の海外生産拠点であるMEAIは、インドのハリアナ州に所在し、自動車電装品を生産、販売している。

 今回、約17億円を投じてグジャラート州に建設する新工場は、延べ床面積が約2万m2の2階建てで、インドの環境規制に対応した電動パワーステアリング用モーターコントロールユニットや、GMR(巨大磁気抵抗素子)回転センサー、EGR(排ガス再循環装置)用バルブを生産する。稼働開始は2021年10月を予定している。

 インドでは近年、自動車のCO2の排出量削減に寄与する製品の需要が増加している。MEAIは新工場の建設により、同製品の需要拡大に対応する。

 三菱電機は今後、同社が得意とする燃焼制御やモーター巻き線を利用した製品の生産体制を拡充、強化し、自動車機器事業をさらに拡大していく。

photo 新工場のイメージ(クリックで拡大) 出典:三菱電機

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.