特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
連載
» 2019年10月25日 11時00分 公開

ものづくり白書2019を読み解く(1):データで見る日本の製造業、日本を取り巻く3つの潮流 (4/5)

[長島清香,MONOist]

第4次産業革命の進展

 日本の製造業において、先述したように技能人材の不足が大きな課題となる中、製造・生産現場で「技能のデジタル化に取り組んでいる」あるいは「取り組む意向がある」と回答した企業は86.1%に上る(図16)。

photo 図16:製造・生産現場のデジタル化に取り組んでいるか(クリックで拡大)出典:2019年版ものづくり白書

 データの利活用が鍵を握る中で、データの収集を行う企業の割合は足元で減少したものの(図17)、収集したデータを具体的な用途に活用している企業は着実に増加している(図18)。一方で、顧客とのやりとりやマーケティングの効率化につなげられている企業はわずかで、今後は顧客とのやりとりなどバリューチェーン全体を見据えた取り組みが求められ、製造業のデジタル化は第2段階に向かうとしている。

photo 図17:生産プロセスにおいてなんらかのデータ収集を行っているか(クリックで拡大)出典:2019年版ものづくり白書
photo 図18:収集データの活用状況(クリックで拡大)出典:2019年版ものづくり白書

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.