ニュース
» 2019年10月25日 07時00分 公開

FAニュース:Edgecrossプラットフォームと計測制御機器のデータを連携するソフトウェア

コンテックは、同社の計測制御機器とEdgecrossプラットフォームのデータ連携を可能にするソフトウェア「CONTECデータコレクタ」を発表した。Edgecrossの活用範囲を広げ、さまざまな産業のIoT化促進に貢献する。

[MONOist]

 コンテックは2019年10月8日、同社の計測制御機器やリモートI/O機器と、Edgecrossプラットフォームのデータ連携を可能にするソフトウェア「CONTECデータコレクタ」を発表した。CONTECデータコレクタ(forデジタル入出力)のEdgecrossマーケットプレース価格は3万円(税別)で、同年11月より販売を開始する。

 Edgecrossは、製造現場のIoT(モノのインターネット)化を進めるための標準的なオープンプラットフォームで、FAとITシステムの間のエッジコンピューティング領域をシームレスに連携する。産業ネットワークからのデータ収集は、製造現場で広がってきているが、これまで産業ネットワークに対応していないセンサーやスイッチ回路を直接接続できる機器やソフトウェアは少なかった。

 CONTECデータコレクタにより、Edgecross上で同社の計測制御機器やリモートI/O機器が活用できるようになり、産業ネットワークに対応していないセンサーやスイッチ回路からでもデータ収集が可能になる。Edgecrossプラットフォームの活用範囲が広がることで、さまざまな産業のIoT化促進に貢献する。

 同社は同日、CONTECデータコレクタとEdgecross基本ソフトウェア体験版を搭載した、IoT向け産業用コンピュータについても発表した。価格はオープンで同年11月から受注を開始する。

photo コンテックの計測制御、リモートI/O機器をEdgecrossプラットフォームで活用可能に(クリックで拡大) 出典:コンテック

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.