ニュース
» 2019年10月29日 08時00分 公開

組み込み採用事例:Facebookの高速ネットワーク技術「Terragraph」向けRFモジュールの開発に着手

村田製作所は、Facebookの高速ネットワーク技術「Terragraph」向けに、RFモジュールの開発を進めている。独自に開発したセラミックを用いて、品質の高い通信環境の構築に貢献する。

[MONOist]

 村田製作所は2019年10月10日、Facebookの高速ネットワーク技術「Terragraph」向けに、RFモジュールを開発中だと発表した。

 Terragraphは、Facebookが開発したギガビット無線技術。200〜250m間隔で60GHzのミリ波帯RFモジュールを基地局間に配置し、構成されるワイヤレスバックホールだ。RFモジュールを含むセットボックスを、街灯など街中の既存のものに取り付けてネットワークを構築できるため、工期が短くコストを抑えられる。

 このRFモジュールは、村田製作所が開発した1000℃以下で焼成した低温焼成セラミックス(LTCC)を採用。耐熱性や耐湿性に優れたLTCCを用いることで、品質の高い通信環境の構築に貢献する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.